朝フルーツがダイエットや美肌、デトックス効果に一番良い理由

朝にフルーツを摂取すると、ダイエットや美肌・デトックス効果を期待でき、なおかつ、朝の忙しい時間短縮にもつながるのだという。

朝フルーツは腸内環境を整え、体の内側から人を綺麗にする

ダイエット・美容食品を提供するサニーヘルスは、朝のフルーツがダイエット・美肌・デトックスに効果があるとする調査レポートを発表している。昔から生フルーツは体に良いものだと考えられており、フルーツを摂取するには朝の時間が特に良いとされてきました。

この理由に関しては、人の身体にある「体内時計」が関係しており、朝は排泄機関が活発に働く時間帯であるため、排泄を促してくれる食べ物を摂取すると代謝が促され、ダイエット効率が期待できるという。

また、過去の研究により、腸内環境の良し悪しがカラダ全体に影響を与えていることが明らかになっており、この影響は人の美容面においても便秘解消や美肌・ダイエットなどに役立っているものなのです。

サニーヘルスは今回の調査レポート内にて、朝フルーツの取り入れに関し、次のように解説し紹介しています。

「フルーツは生で食べるので、食物酵素をたっぷり補給でき消化吸収に優れ、消化のためのエネルギーが浪費されないため、排泄の時間にぴったりの食品です。20~30分程度で胃を通過してしまいます。※バナナ、アボカドは1時間程度。」

「ビタミンA、C、Eなどフルーツにより種類や量の差はあれど、もちろんビタミン・ミネラル類、フィトケミカル(微量栄養素)、ポリフェノール、クエン酸なども含まれていますので、朝のビューティーチャージにはフルーツが欠かせません。」

フルーツにはカリウム、食物繊維、水分が豊富に含まれており、カリウムは体内の塩分バランスを整え余計な塩分を排出する作用のほか、食物繊維と水はそれぞれ単体よりも、一緒に摂取することで腸内環境を整える相乗効果が高く期待できると示唆されています。

朝は胃腸の働きがまだ鈍く、なるべく胃腸に負担のかからない消化に良い物でエネルギー摂取することが適しています。また、朝食を食べない人や朝は時間がないという人こそ、調理不要で時間短縮にもなるフルーツの取り入れがお勧めなのです。

朝食を摂らない人こそ「朝フルーツ」が適している

人の体は睡眠中でも脳や臓器は動き続けています。この時、血中のブドウ糖がエネルギーとして消費されるメカニズムが存在します。朝食ではブドウ糖をうまく取り入れることが睡眠中に消費されたブドウ糖を補い、元気な1日を過ごせる原動力となるのです。

ブドウ糖の不足は脳へ必要なエネルギーを送ることができなくなり、日中の集中力の低下やボーっとした状態を引き起こしてしまいます。

そんな時こそ、フルーツを朝に取り入れることがお勧め。朝食の時間帯は胃腸の働きがまだ鈍く、脳も活発に動いてはいません。その時間帯に胃腸に優しく、ブドウ糖などのエネルギーを補充できるフルーツの摂取はとても良い選択となるのです。

フルーツをただ食べるのではなく、毎朝適量を食べる事がダイエットや美容に効果的

多くのフルーツは甘みがありながら、低カロリー・低脂肪な食べ物です。フルーツに入っている糖の中で最も大きな比率を占めている「果糖」は砂糖の1.5倍程の甘さがありながらも、血糖値の上昇には直接的には関わっていません。しかしながら、果糖の過剰摂取は中性脂肪の蓄積を招いてしまう恐れもあります。

これらの事実は、フルーツの吸収は夜よりも朝の方が良いとされている理由の1つでもあるのです。また、フルーツだからと言って食べ過ぎには気を付け、毎朝適量のフルーツを食べることがフルーツダイエットや美容・デトックス効果をより良く高めるコツとなっていくのです。

Source:SunnyHealth Press